サラリーマン

【ジョブホッパー】仕事が長続きしないことは悪いことなのか。1つの職場に長く留まれない原因と生き方を考える。

こんにちは、坂名(@sakana9v9you)です。

税理士法人に8年勤務後、現在は中小企業で経理部長をやっています。

こんな方に読んで欲しい!

  • 1つの職場に長く留まれない
  • そろそろ自分が落ち着ける場所を探したい
  • 2~3年働いてると明確な理由がなくても辞めたくなる

「いやでもお前1つの職場に8年勤務してるじゃん!」

なんて声が聞こえてきそうですが、僕も2~3年経つとどんなに良い職場環境であったとしても、リセットしたくなります。

学生時代はアルバイトを3ヶ月くらいのサイクルで転々としていました。

正直、今も辞めたいです!

というか僕の場合、職場に限らずどんな集団でも2~3年所属していると抜けて身軽になりたい気持ちが出てきます。

このページでは下記の3点をポイントに書いていきます。

  • 1つの職場に長く留まれない原因
  • そもそも1つの職場に長く留まれないことは悪いことなのか
  • 長く留まれない自分を受け入れた生き方を模索

1つの職場に長く留まる方法を紹介したいところですが、そんなものがあるならむしろ僕に教えてください

人は簡単に変われないと思うので、長く留まるようにするのではなく、1つの場所に長く留まらなくても良い生き方を模索していきます。

人じゃなくて環境を変えていくやり方です。

1つの職場に長く留まれない3つの理由

まずは一旦、長く留まれない理由を見ていきます。

理由によっては改善できるかもしれませんので。

恐らく大体の人が下記の3つのどれかに該当するのではないでしょうか。

  • 就職活動や転職活動で妥協した
  • 感受性が豊かで人に気を使い過ぎ
  • 定期的に1度ゼロになって身軽になる癖がある

就職活動や転職活動で妥協してしまった

入り口に問題があるパターンですね。

就職(転職)活動で妥協

望んだ環境じゃないため辛くなる

早く辞めたくて焦って転職活動

結果また転職活動で妥協

こんな感じで負のループに陥ってる人が多いのではないでしょうか。

唯一このパターンだけは性格の問題ではないので、「1つの職場に長く留まれない」を改善できる可能性があると思います。

じっくり転職活動をして、自分に合った環境に身を置きましょう。

「現状から逃げ出したい」
「今の職場を辞めたい」

そもそも転職活動は上記のようなマイナス理由でスタートするとどうしても妥協に繋がりやすくなってしまいます。

「自分に合った環境で働きたい」
「給料がもっと高いところで働きたい」
「自分のやりたい仕事ができる職場で働きたい」

など、前向きな理由で転職活動を進めるとゴールがハッキリして、妥協を防げます。

前向きに転職活動をして、妥協もしてないのに入社してみたら思ってたのと違った!なんてこともあると思いますが、だとしたら尚更妥協しちゃダメです。

妥協しなくても運の要素で理想の職場に出会えないことがあるのに、妥協したら当然、理想の職場からは遠ざかります。

人に気を使い過ぎて疲れてしまう

これ、結構多いんじゃないかと個人的には思ってます。

他人から見て「良い人」でありたい人。よく言えば感受性が豊かな人。

  • これを言ったら嫌われるかもしれない
  • この人はこれを言ったらこう思うかもしれない
  • この人はこういうやり方が好きだから合わせないと

友人同士ならさほど疲れないかもしれませんが、職場ではそうはいきません。

仕事を進める上で「やらなくちゃいけないこと」と「言わなくちゃいけないこと」が存在し、上記で挙げたような人の気持ちを考えて嫌われないように動きたい自分との折り合いがうまくつかずに葛藤し、勝手に疲弊します。

仕事だし嫌われても仕方ないんじゃないの?とは思いますが、性格ですからそう簡単には変わりません。

僕自身もこの気が少しあって、最近は割り切れてますがやはり多少のストレスは感じます。

サラリーマン向いてないなーって思う瞬間でもあります。

定期的に人間関係をリセットする癖がある

これは職場に限らず、リセット癖がある人のことです。

職場、アルバイト、部活動、サークル、友人関係などで特別嫌なことがあったわけじゃないけど、2~3年所属してると1回全てリセットして身軽になりたいタイプの人です。

リセット癖も細かく分類すれば理由は様々なんでしょうが、飽き疲れ些細な出来事が交わった瞬間、人はリセットするのかなって勝手に思ってます。

昔で言うと電話帳、今で言うとLINEやSNSを急に削除する人です。

このタイプの人で、会社だけは長続きしてる!という人を1人も見たことがありません。

1つの職場に長く留まれないことは悪いことなのか

さて、そもそも1つの職場に長く留まれないことは悪いことなんでしょうか。

恐らく、1つの職場に長く留まれない人の多くが良いことではないと思っているはずです。

僕は現在31歳ですが、僕の親世代は下記ような考えが未だに強いです。

  • 学歴至上主義
  • 大企業に入社できれば一生安泰
  • 1つの会社に定年まで勤めあげるのが当たり前

そして親は子供に良い人生を歩んで欲しい一心で「何でも途中で辞めるな」「良い大学に行け」「大きな会社に入れ」といった言葉を毎日シャワーのように浴びせ続けるのです。

こんな環境で育っていれば当然1つの場所に留まれない自分は駄目な奴なんだと悲観してしまいそうですが、果たして本当にそうでしょうか。

勿論、学歴や大企業を否定するわけではありません。

令和になっても学歴が高い方が有利なことは沢山あります。

中小企業より大企業の方が安定しているし、社会的な評価が高いのも事実でしょう。

ですが、今は「1つの会社で定年まで」が当たり前の時代でしょうか。これに関しては変わってきてると僕は思っています。

今は転職をしてキャリアアップしていくのが広く認められている時代になっています。

副業時代なんて言われるほど、副業も流行り始めています。

以前では考えられないような職業もたくさんあります。

セミリタイア、アーリーリタイアなんて言葉もよく耳にするようになりました。

コロナの影響で在宅勤務、テレワークなども少しずつ定着しつつあります。

昔とは生き方や働き方が大きく変わってきている世の中で、親世代から言われた「中途半端」「長続きしない」などの言葉だけを何となく引きずって、自分は駄目な奴だ、なんて考えるのは勿体ないと思いませんか?

これを読んでくださってる方がどう感じるのかは正直わからないけど、僕は勿体ないと思います。

てか勿体ないんですよ、普通に考えて。自分の人生を生きてるのに「自分は駄目な奴だ」なんて意識が少しでもあったらそれは最も不幸なことだと思います。

だから昔擦り込まれた言葉を呪いのようにいつまでも引きずる必要はないんです。

たぶん。適当だけどそう思います。

仕事が長続きしない自分を受け入れた生き方を探す

ここからは自分語りが入る上に、身になる話をするつもりも全くありません。(ここまでも身になる話はなかったけど)

ただ自分はこう考えた、こう行動した、という経験談を紹介するだけです。

「こういう考えがオススメ!」とか「こんな副業がオススメ!」みたいな紹介も一切しません。

後から「お前の言うとおりにやってみたら失敗した!」とかイチャモンつけられるとダルいからです。

冗談はさておき、僕自身現在は中間管理職としてサラリーマンをやっていますが、冒頭でも述べたとおりめちゃくちゃ辞めたいと思っています

というかあと2~3年で辞めます。

そのための算段も数年前から立てており、今のところ順調です。

というのも、僕はどうにもサラリーマン向いてなさそうだぞ!ということに26~27歳くらいの頃に気付いたんですね。

そこからは色んな事に挑戦してきました。

このブログもそうですし、WEBライティングやせどりをやってみたり、不動産投資や仮想通貨、記帳代行やプログラミング、小説を書いてみた時期もありました。

見切りをつけるのも早いので、今でもやってるのは下記の4つです。

  • ブログ(当ブログを含めて3つ)
  • ライティング(コラム記事を月3本)
  • 仮想通貨の取引(今はBTCのみ)
  • 不動産投資(正直撤退したい)

しつこいようですが、上記の4つをオススメしてるわけではありません

たまたま僕に合ってたというだけの話で、何度も申し訳ないですが後からイチャモンつけられてもダルいので全然オススメはしません。

というか、正直本当に特にオススメはしてません。

ブログは成果が出るまでにとんでもなく時間がかかりますし、地味な作業が多いです。時間を掛けたところで成果がでる保証もありませんし、アフィカスと言って罵倒されることもあります。

ライティングは月たった3本と思うかもしれませんが、正直サラリーマンやりながらだと月3本題材フリーで文章書くのはかなりしんどいです。

期限が迫ってくると焦るし、焦ると何も思いつきません。何も思いつかなくても書かないといけないのでストレスMAXです。

仮想通貨はまだBTC(ビットコイン)が30万いかないくらいの頃に始めて、色んなアルトコインに手を出し、感情で売買して何度も失敗しました。

ただ、その経験を活かしつつ、運がかなり味方してくれたお陰でANS(現NEO)というアルトコインで引くくらいのバブルに乗っかることが出来ました。

今はその時に得た資産を出来るだけ安全に運用しています。

不動産投資は前職の税理士法人で顧問先の社長がやり方を少し教えてくれたので始めてみました。

が、「投資」のイメージとはほど遠く、現実にはボロボロの物件を見に足を使い、色んな不動産会社を周り(ほぼ営業活動)、ゴールを見据えて逆算し、それでもイレギュラーが起こったら対応し、予想外の出費もあったりします。

先にお金が出ていくので参入障壁もやや高く、上の3つとは比べ物にならないくらいストレスです。(個人的には)

こんな嫌な紹介の仕方をすると「どうしてやってるの??」と聞かれそうですが、どれも自分に合ってるからです。

ストレスに感じることもありますが、文章書くこと自体は好きですし、仮想通貨は3年以上値動きを追ってきて、自分の中での勝ちパターンみたいなものがあったりします。

要するに、自分に合っているというだけなので、他人にオススメするつもりは全くありません

では何故書いたのか。

僕は個人でお金をそこそこ稼げるようになってから、サラリーマン業に以前ほどストレスを感じることはなくなりました。

理由はシンプルで「嫌なことがあったらいつでも辞めてやるぞ!」という気持ちが心の奥に常にあるからです。

これは副業による金銭的な余裕が生み出した心の余裕です。

会社を辞めたら収入がなくなってしまう!という状況の中でのサラリーマンは我慢の連続です。

辞めたくても辞めることができない」が余計に辞めたい気持ちを加速させるのです。

1つの職場が長続きしない理由が環境ではなく性格の問題なのであれば、簡単に変わるものではないと僕は思います。

なので、そんな自分を受け入れて、どういう生き方が合っているのか自分なりに考えた結果、今のような形になって人生に少し余裕が出てきました。

  • 辞めたくなったら辞めよう
  • だからやれるところまでは一生懸命やろう

この考え方ができると、会社でも我慢せずに自分の意見がハッキリ言えて、サラリーマン業もストレスが少なくなり、仕事も以前より上手く回せるようになりました。

と長々書いてきましたが、結論はこれです↓↓

1つの職場に長く留まれない自分を責めないで、原因を分析し、どういう生き方が自分に合っているのか考え行動し、その過程で何回も失敗するかとは思いますが、最後には自分に合った生き方が見つかる可能性もあります!

あくまでも可能性です。

たまにTwitterのDMで「努力すれば絶対に稼げますか!」みたいなメッセージを頂きますが、絶対なんてありません。

他人から絶対をもらわなくちゃ行動できないなら辞めた方が良いです。

自分の人生を生きているという自覚を持って、自分を責め過ぎず、自分なりの生き方を挑戦と失敗を繰り返しながら見つけてみてはいかがでしょうか。

おわり!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選