経理

【おすすめ】経理未経験者におすすめの転職エージェント・転職サイト

転職エージェント・サイトにはそれぞれ特徴があり、企業側も採用したい人の特徴や経験値、資格等によって求人募集を出す媒体を変えています

私自身(@sakana9v9you)も、税理士法人に8年勤務し現在は一般企業で経理部長をしておりますが、「未経験からじっくり育てるならここ」「即戦力をとるならここ」と使い分けています。

つまり求職者側も、自分に合った転職エージェント・転職サイトをメインにした方が確率が高くなるということです。

経理未経験者におすすめの転職エージェント・サイト

今回は経理未経験の方に特にオススメしたい転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

主に下記の順番で紹介していきます。

  • とりあえず登録しておきたい
  • 経理に特化している
  • 若い人、20代向け

誰でも知っているメジャーなものからマイナーものまであると思いますが、登録してないものがあれば登録してみると選択肢が広がります。

転職エージェント・サイトは転職活動における入り口なので、思い立ったが吉日ではないですが、迷うくらいであれば行動してみるのが吉です。

とりあえず登録しておきたい

まずは「とりあえず登録しておきたい」転職エージェント、転職サイトをご紹介します。

特に経理に特化している訳でもなく、CMを流しているような大手のものですので、既に登録している方がほとんどかと思います。

仮に登録がまだ済んでいないものがございましたら、すぐに登録することをオススメします。

大手は求人の掲載数が多く、更新の間隔も短いので転職活動をする上で登録は必須レベルです。

リクナビNEXT

公式サイト:≫リクナビNEXT

知る人ぞ知る、リクルートグループが提供する転職サイトです。

正直、更新される求人数が多すぎて条件を絞らないと全てに目を通しきれないです。

求人数が多いので、確率的な問題ですがたまに未経験の経理職で質の良い求人に巡り合うことができます。

職種「経理」にチェックを入れ、勤務地を選択し、「未経験者歓迎」にチェックを入れて検索するのがオススメです。

≫リクナビNEXTに登録する

/5分で簡単登録\

リクルートエージェント

公式サイト:≫リクナビエージェント

次に紹介するのは同じリクルートグループが提供するリクルートエージェントです。

リクナビNEXTのような転職サイトと、リクルートエージェントのような転職エージェントの大きな違いは、自分で完結するかコンサルタントを挟むかという点です。

転職エージェントは担当のコンサルタントが付き、履歴書や経歴書の添削や相談、自分にあった求人の紹介や申し込みなどを行ってくれます。

ねこ
ねこ
コンサルタントとコミュニケーション取るの面倒くさそう…
さかな
さかな
まあ実際面倒くさいけど、それ以上に得るものも大きいから転職に本気なら登録した方が良い

これは余談ですが、転職エージェントは担当者によって当たり外れが激しいです。

合わないな…と思ったら遠慮なく担当者を変えてもらいましょう。

また、転職エージェントに登録するメリットは他にも下記のようなものがあります。

  • 非公開の求人が多い
  • 質の高い求人が多い
  • 書類で落とされる確率を下げる

人気の高い企業などは応募が多く全ての履歴書に目を通すことができないので、いわゆる学歴フィルターや職歴などで履歴書に目を通すことなく書類選考で落とされてしまうことがあります。

そうなると時間を掛けて志望動機などを考えても時間が無駄になってしまいます。

エージェント経由で申し込むことで、書類の通過率を少しでも高めることをおすすめします。

≫リクルートエージェントに登録する

/5分で簡単登録\

経理に特化している

次に「経理や管理部門に特化した」転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

求人の掲載数はリクナビNEXTには及びませんが、経理や会計事務所などの求人をメインに運営しているので、登録しておくと良いでしょう。

MS-Japan

公式サイト:MS-Japan

まずはMS-Japanです。

こちらは正直、未経験者というよりはどちらかと言えば経験者向きの求人が多いのですが、未経験歓迎の求人ももちろん掲載されています。

未経験からの経理転職は容易ではないので、なるべく間口を広くとることが重要になります。

リクナビNEXTやリクルートエージェントなどと併用することで、選択肢を広げていきましょう。

≫MS-Japanに登録する

/無料会員登録はこちら\

アカナビ

公式サイト:アカナビ

続いて紹介するのはアカナビです。

こちらは会計事務所や経理の求人を中心に紹介するサイトですが、会計事務所のアルバイト・パートの求人が多い印象です。

Twitterでも求人情報を呟いているので、Twitterのフォローもオススメです。

Twitterは求人情報と飯テロの割合が5:5くらいです(笑)

会計事務所や税理士事務所の求人が多めですが、一般企業の経理の求人もたまに出るので、定期的にチェックしてみると良いでしょう。

求人数もそこまで多くないのでチェック自体も時間が掛かりません。

若い人・20代向け

最後に、若い方向けの転職エージェントをご紹介します。

未経験から経理に転職することが難しい要因の1つとして、「未経験歓迎」求人に経験者も応募してくる点が挙げられます。

若い方向けの媒体を使うことによって、経験者との競争を排除し、採用の確立を高めることができます。

マイナビジョブ20's

公式サイト:マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sの主な特徴は下記のとおりです。

  • 掲載されている全ての求人が20代対象
  • 20代・第二新卒・既卒に特化した転職エージェント
  • 職種・業種未経験OK求人が50%以上

マイナビジョブ20'sに求人を掲載している企業は、キャリア形成を図る観点から経験の浅い若い人を採用することに積極的です。

前述したとおり、経験者との競争を最小限に抑えることができるため、該当する方は登録しておくことをおすすめします。

≫マイナビジョブ20'sに登録する

/5分で簡単登録\

今さら聞けない?転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントを使って転職するのが主流になったのは、ここ数年の話ではないでしょうか。

何となく聞いたことがあるけど、今まで面倒くさそうで使わなかった!という人のために転職エージェントと転職サイトの違いをサクッとまとめておきます。

転職サイトとは

転職サイトは、自分で求人を探し、自分で応募し、自分1人で応募書類を作成します。

最大のメリットは、コンサルタントとのやり取りがないため自分のペースで転職活動を進められることです。

転職エージェント

転職エージェントは、担当コンサルタントが付いて求人の紹介や応募、応募書類の添削などを行ってくれます。

転職エージェントのメリットは、非公開求人が多く、応募の際はコンサルタントが間に入ってくれるので学歴や職歴などのフィルターで機械的に書類落ちすることが少ないという点です。

デメリットは、コンサルタントとコミュニケーションを取らないといけないので面倒くさいと感じることもあるかもしれません。

ねこ
ねこ
転職エージェントってどうして無料で使えるの?
さかな
さかな
成功報酬は企業側からもらってるから。求人出すのに企業が転職サイトにお金払う流れと同じ
ねこ
ねこ
なるほど

転職エージェントは同じ媒体でも担当者によって別のサービスみたいになってしまうので、もしも「合わないな…」と感じたら担当者を変えてもらいましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選