経理

経理部長の年収は?中小企業の経理部長が給与明細を公開します。

こんにちは、坂名(@sakana9v9you)です。

今回はTwitterのDMとブログの問い合わせページからの質問で多かった「経理部長っていくら貰ってるの?」という質問に答えていきます。

僕は新卒で税理士法人に入社して8年ほど勤務後、転職して現在は31歳で中小企業の経理部長をやっています。

中小企業の経理部長(30代前半)の給与明細を公開

では早速公開していきます!

額面56万円、手取り425,844円

ちなみにボーナスは1年で2.5か月分なので、年収は約800万です。

転職Hacksさんによると部長の平均年収は約1,070万円(平均年齢52.6歳、平均勤続年数24.1年)とのことなので、全然平均には届いてないですね!

年齢は31歳だし、勤続年数は1年ちょっとですが。

ねこ
ねこ
1年しか働いてないのに部長なの?
さかな
さかな
元々、管理職を募集しますっていう求人に応募したからね

管理職募集の求人に応募して経理部長になった経緯や大変だったことなどは後述します。

経理部長の仕事って何するの?

経理部長になると、経営者寄りの仕事が多くなります。

詳しくは下記の記事でも解説していますが、経理事務ではなく監査対応や税務対応、株主との均衡や財務管理、経営分析などの経営者に近いポジションで会社の中枢的な役割を担います。

経理の生涯年収や平均年収について解説!年収を上げるためには転職が必須?

他にも部署内に関する下記のような事項を総括します。

  • 中途採用
  • 仕事量の均衡
  • 部下のスキルアップ
  • 昇給・賞与の評価

基本的に部下のミスは上司のミスです。

ヒューマンエラーはゼロにはならないので、ヒューマンエラーが起こる前提で業務フローなどの仕組み作りを行います。

また昨今のIT技術の飛躍的な進化に置いていかれないように、経理周りの最新技術の情報にもアンテナを張っている必要があります。

ねこ
ねこ
経理周りの最新技術ってAIのこと?
さかな
さかな
AIとかRPAとか。少し前だとクラウド会計とかそういうの
ねこ
ねこ
経理は数年後にはAIに仕事取られるって言われてるけどそこについてはどう思う?
さかな
さかな
人は減るだろうね。でも直ちに経理人口が大幅に減少するとも思ってないかな

≫経理は将来AIに仕事を奪われて無くなる?暫く大丈夫な理由とは

こちらの記事でも経理とAIの関係性に触れていますが、平成が終わり令和になった今でも紙の伝票を使い、昭和の会計システムを未だに引きずっている会社が少なくありません。

AIがRPAの台頭が直ちに経理人口を大幅に減らすとは思えません。

少し話が逸れましたが、経理部長になると当然責任が重くなり、部下をまとめ、経営者に近いポジションで会議等にも出席するので気疲れもします。

加えて、簿記の知識だけではなく税法や会社法などの幅広い知識が必要になります。

給料ややり甲斐が増えて、責任も重くなります。

最近では「責任が重くなるなら、平のままそこそこの給料もらえればそれで良い」っていう若者が増えてるようですが、正直その気持ち凄くわかります(笑)

転職で部長になるまでとその方法

冒頭でもお話したとおり、僕は元々経理ではなく税理士法人に勤務していました。

≫税理士法人から経理に転職した結果!経理部長になりました。

税理士法人から経理に転職した結果!経理部長になりました。 こんにちは、坂名です。 税理士法人に8年勤務後、一般企業の経理部に転職し、その後1年弱で経理部長になりました。 ...

税理士法人勤務時代に多くの企業の経理部を外から見て、今は経理部長として中から企業の経理部を動かしていて感じたのは、経理として大幅に給与を上げたり役職を上げるには、転職が必要になる場合が多いということです。

ねこ
ねこ
転職しないと給料上がらないの…?
さかな
さかな
あくまでもそういうケースが多いって話だけどね

経理という職業は間接部門であるが故に、

経験を活かせて業種はほとんど関係なく転職もしやすい

というメリットを持つのと同時に、

会社の規模が大きくならない限り、その会社で出来ることは限られてくる

というデメリット的な側面を持っています。

≫経理の生涯年収や平均年収について解説!年収を上げるためには転職が必須?

1社に長く勤めても、どんなに勉強して色んな知識を吸収しても、その会社で使うことがなければ給料はあがりません。

経理が役職や年収を上げるためには、下記のいずれかの方法によると思います。

  1. 1社に長く勤めて年功序列のような形で昇進・昇給をする
  2. 大企業の経理に入社し、色んな経験を積んで中小企業に転職する
  3. 転職を2~3回繰り返して徐々にステップアップし、最後に幹部候補求人を狙う

ねこ
ねこ
さかなはどれなの…?
さかな
さかな
僕の場合は別の業界(税理士法人)から来てるから「経理として年収を上げる」のとはまたちょっと違うかな

税理士法人監査法人から経理に転職する人も結構多いです。

前職の知り合いでも複数名いました。

税理士法人や監査法人は企業の経理をある種サポートする立場ですから、それなりに経験を積んだ状態で転職活動を行うと高い評価を得られます。

僕の場合、税務の勉強を大原の実務講座や本を何冊も購入して独学し、仕事で何度もアウトプットすることによって身につけた知識と経験が大きな武器になりました。

ただし、経理を目指している人に税理士事務所や税理士法人への就職を必ずしもオススメしているわけではありません。

理由は下記のツイートのとおりです。

要するに、シンプルに経理だと使わない知識が多すぎるからです。

税理士法人は辞めた方が良い!という訳でもないんですけどね。

自分がこのルートなので、このルートならではの強みもわかっていますし。

大企業の平社員から中小企業の部長への転職は年収が下がることも

先ほど「経理が年収と地位を上げる方法」として下記の3パターンをご紹介しました。

  1. 1社に長く勤めて年功序列のような形で昇進・昇給をする
  2. 大企業の経理に入社し、色んな経験を積んで中小企業に転職する
  3. 転職を2~3回繰り返して徐々にステップアップし、最後に幹部候補求人を狙う

このうち、②に関する話です。

大企業の平社員から中小企業に転職すると、幹部候補の求人に応募すれば役職は上がる可能性が高いのですが、年収はそこまで変わらない、もしくは逆に下がってしまうケースもあるので注意が必要です。

というのも、中小企業の管理職ってかなり給料に差があるんですよね。

冒頭でも紹介したとおり、僕は会社から年間約800万円もらっていますが、大企業であれば平社員でもこのくらい貰ってる人は普通にいます。

中小企業であれば部長でも年収500万円!のような会社もザラにあるので、その点では注意が必要です。

まとめ

個人的には「長く1社に勤めるのが王道」という時代でもなくなってきているので、転職で自らのキャリアをデザインしていくことも必要かなと思います。

本日のまとめです!

  • 部長の平均年収は1,070万円
  • あくまでも平均。僕のように年収800万円の部長もいる
  • 中小企業は管理職でも年収500万円程度の会社もザラ
  • 経理としてキャリアアップするためには転職が有効

≫【転職】給料が上がらない経理のための攻める転職術!

【転職】給料が上がらない経理のための攻める転職術!中々年収が上がらない経理職のための「攻める転職術」を紹介します。経理は勤続年数が長くなっても給料が上がりにくく、勤続2~3年で経験値は頭打ちになってしまうことが多いです。今いる環境を飛び出して、もう1段上の経理の仕事に挑戦してみませんか?...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選