経理

【経理】未経験者歓迎は嘘?経験者が採用されてしまう理由とは

こちらのページは未経験から経理へ転職を目指す方を対象にしています。

こんな方にオススメ

  • 未経験者歓迎の求人に応募しても書類で落とされる
  • 未経験者歓迎なのに結局は経験者を採用してるんじゃないの?
  • 未経験者歓迎求人について企業側の話を聞きたい

こんにちは、坂名(@sakana9v9you)です。

税理士法人に8年勤務後、現在は中小企業で経理部長をやっています。

今回のテーマは、経理職の求人で「未経験者歓迎」って書いてあるけど、あれ嘘じゃない!?という1つの疑問を元に企業側の視点で書いていきます。

具体的には下記の内容で書きます。

  • 「未経験者歓迎」は大きく分けて2種類ある
  • 結局のところ経験者の方が採用されやすい!?
  • 経理未経験者の転職活動の立ち回り方

ねこ
ねこ
実際のところ、経験者の方が採用されやすいの?
さかな
さかな
人柄とか資格が全て同じ条件で差は経験だけ!っていう2人がいたとしたら経験者を採用する企業の方が多い
ねこ
ねこ
やっぱりそうなんだ…
さかな
さかな
人柄重視であることに間違いないんだから経験者と同じ土俵で戦う必要ないんだけどね

企業側が未経験者歓迎と銘打ってまで多くの人を呼び、時間を掛けて選考するのにはやはりそれなりの理由があります。

経験者は有利かもしれませんが、経験よりも人柄を重視しているからこそ、企業側もそのために時間を割きます。

相手が知りたいことは何なのかを想像しながら、1つの質問でより多くの自分の情報を相手に伝えるように、そしてさり気なく上手にアピールしましょう。

「経理未経験者歓迎!」の求人には2種類ある

経理未経験者歓迎!の求人には、下記の2種類が存在します。

  1. 未経験者(のみ)歓迎
  2. 未経験者(も)歓迎

未経験者からすると①であって欲しいと思いますが、多くの求人は②の場合が多いです。

  1. 未経験者(のみ)歓迎
    若者を採用したいため本当に未経験者を中心に募集している
  2. 未経験者(も)歓迎
    人柄重視の採用をしたいため、出来るだけ多くの人と会って話したいという理由で未経験者も対象にしている

ただこれ、どちらのパターンだったとしても「未経験者歓迎」としか書いてないことが多く、パッと見では判断つかないですよね。

「入社後、あたなの教育担当は28歳の先輩です!」

このような記載があると、若い人が欲しいから本当に未経験者のみを歓迎してるのかも!と推測することは出来ますが、本当のところは求人を見ただけではわかりません。

未経験者歓迎でも結局は経験者が採用される?

下記のような意見をTwitterのDMでよく頂きます。

「未経験者歓迎!って書いてあるのに書類で落とされる」
「結局経験者が有利なんでしょ?」

気持ちはすごくわかります。結局経験者が有利なら「歓迎」って言葉使うなよと。

例えば最終選考で2名の方が残ったとして、両名共に人柄も良く、保有資格も同じ。

このような場合、恐らく多くの企業が経験者を採用するので「結局経験者が有利なんでしょ?」と言われれば「はい…」と答える他ありません。

ただし、書類選考で毎回落とされる場合は下記の2点をチェックして下さい。

  • 日商簿記2級を保有しているか
  • 履歴書や職務経歴書の内容は十分か

日商簿記2級は絶対に持っておくべき

こちらの記事≫【経理未経験の場合】採用倍率と選考基準を現役の経理部長が解説!でも言及していますが、経理の特に未経験者歓迎求人には応募者が殺到します。

もし仮にその求人が「要件:簿記3級以上」となっていたとしても、簿記2級を持ってる方や経理経験者からの応募が多ければ、簿記3級までしか持っていない人は機械的に落とされてしまう可能性もあります。

ねこ
ねこ
そんなに簿記2級持ってる人多いの?
さかな
さかな
簿記2級以上でいつも求人出すけど、それでも沢山応募くるよ
ねこ
ねこ
それは3級だと厳しいかもね…
さかな
さかな
経理未経験者が経理目指して転職活動するなら簿記2級は前提条件だと思ってた方が良いね

まだ簿記2級を持っていない方はまず2級の取得をオススメします。

時間があれば転職活動も同時進行で行っても良いと思いますが、優先順位は「①簿記2級→②転職活動」と明確にした方が良いでしょう。

多少コストかかっても2級に合格できる確率を高めたいという方は、通信講座もオススメです。

≫【簿記2級】おすすめ通信講座をタイプ別に3つご紹介!安さ、実績、コスパで選ぶ!

企業側は履歴書や職務経歴書に何を求めているか

そして「履歴書、職務経歴書の内容は十分か」というところですが、これはWEBで応募する際に特に気を付けて欲しいです。

  • 誤字脱字チェックをする
  • 完成したら朝1度読み返す
  • 企業側が求めているものは何なのかを考える

ねこ
ねこ
なんで特にWEBなの?
さかな
さかな
誤字脱字や空欄って紙の応募より圧倒的にWEB応募の人が多いんだよね
ねこ
ねこ
へー!なんでだろう。やっぱり簡単に応募できるからかな
さかな
さかな
それはあるだろうね。紙で書いて郵送するよりも簡単に申し込めるからどこか気が抜けるのかもね

WEB応募は、しっかりした履歴書や職務経歴書を書いてくる方とそうでない方の差がとても顕著に出ます。

また、未経験者の採用は人柄重視であるため、企業側は意外と自己PR欄に注目しています。

面接で会って話してみたいと思われるような文章になっているか、見直してみましょう。

多いのが下記のような自己PR文です。

「欠点でもある細かい性格を経理というフィールドでは利点として活かせます!」

自分が採用側だったとして、100を超える履歴書に目を通している状況を想像すると、この自己PR文はぼんやりしていて印象に残りにくいと思いませんか。

「こういう経験をして、それがきっかけでこういう考えに至り、こんなことを大切にしていて、こんなことができます。」

印象に残りやすいのはこのような、経験+考え方を仕事に落とし込んだ文章です。

それこそが人柄重視で採用する企業側の知りたいことです。

ねこ
ねこ
ストーリー性を持たせた方が良いの?
さかな
さかな
そこまでは言わないけど、読んで納得できるかどうかは考えた方が良い

簿記2級を所持しているのに書類選考で落とされてしまう人は、今一度「履歴書や職務経歴書」を見直してみましょう。

経理未経験者の立ち回り方

経験者と同じ土俵で戦わない

簿記の知識や仕事の経験値をアピールしても、経理経験者には勝てません。

かなり特殊な経験があってその経験が仕事で活かせるのであれば話は別ですが、多くの人はそうではないと思います。

ゼロから仕事を教える手間が掛かるとしてもこの人と一緒に仕事がしたい!と思わせるのはやはり人柄です。

ねこ
ねこ
「人柄」みたいなぼんやりした基準で戦うの難しいよね…
さかな
さかな
そうだね、しかも面接する会社によって正解が違うからね

話す内容だけでなく、意外と細かい部分でその人の人柄が出ます。

  • 話を聞いてる時の表情
  • 笑うポイント
  • 話し方や話している時の仕草

要するに20年以上生きてきて自然に形成された自分そのものです。

難しく考えず、自分だったらどんな人と働きたいか想像してみましょう。

面接中、終始表情が変わらないとどんな人なのかわかりません。

緊張自体は悪いことではありませんが、固くなり過ぎて最後まで用意してきた回答に頼っていると、印象には残りにくいでしょう。

自分の言葉で、自分がどんな人間なのかアピールしましょう。

≫【経理】未経験者OKの求人に応募したら絶対に面接で質問される内容と回答の作り方

【経理】未経験者OKの求人に応募したら絶対に面接で質問される内容と回答の作り方 経理で未経験者歓迎の求人を見つけたけど、面接が不安…。 この記事では、こんな不安を解決していきます。 ...

書類選考で落ちる場合はエージェント経由で

≫リクナビNEXTに登録している方は多いと思いますが、≫リクルートエージェントに登録していない方が意外と多いです。

転職エージェントとは、転職コンサルタントが自分に合った求人を紹介してくれたり、履歴書や職務経歴書の準備や企業に推薦などをしてくれるサービスです。

転職エージェントに登録していない理由は下記のような理由ではないでしょうか。

  • エージェントってよくわからない
  • 電話やメールがしつこそう
  • コミュニケーションとるのが面倒くさい

確かに転職エージェントは担当者によってかなり差があります。

合わなそうだったり、頼りなかった場合はすぐに担当者を変えてもらいましょう。

転職エージェントをオススメする理由は2つ

1つ目はシンプルに非公開求人を紹介してくれるためです。

企業側の「良い人がいたら紹介して欲しい」という要望に応えるため、企業側の提示した条件と合致した人にコンサルタントが声をかけてくれたりします。

2つ目は、人気が高く応募数の多い企業は、履歴書に全部目を通すのが難しいため学歴や職歴で機械的に落とされてしまう可能性があります。

そこで、転職サイトで求人を探し、エージェント経由で申し込むという方法をオススメします。

エージェント経由で申し込むことで、コンサルタントが間に入ってくれるため、機械的に書類選考で落とされる確率が低くなります。

▼リクルートエージェント公式▼
≫リクルートエージェント

/公式サイトで登録する\

≫【経理未経験の場合】採用倍率と選考基準を現役の経理部長が解説!

【経理未経験の場合】採用倍率と選考基準を現役の経理部長が解説!未経験でも経理で働きたい!そんな方に向けて、現役の経理部長として採用に関わっている僕が、未経験者採用の裏側や選考基準について解説します。今現在経理で活躍している人も、最初はみんな未経験です。勇気を持って飛び込んできてください!...

エージェントは面倒くさいイメージもあるかと思いますが、「転職」は人生規模で見ても割と大きなイベントです。

登録しておいて損はないので、選択肢の1つとして登録してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選