税理士

財務諸表論の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!

税理士試験の試験科目「財務諸表論」についての記事になります。

税理士試験全般に関する内容は、こちらの記事をご覧ください!

合格への近道はとにかく行動すること!

↓資料請求はこちら↓

【資格の大原】
税理士を目指すなら

財務諸表論の概要

【計算・理論割合】

計算50% 理論50%

【勉強時間目安】

800~1,200時間

財務諸表論は他の科目に比べて合格率が高めで推移しており、1番合格しやすい科目と言って良いでしょう。(合格率については後述します)

計算の学習範囲が簿記論と被っており、簿記論学習後に学習すると勉強時間を大幅に短縮できます。

同時学習をオススメしている予備校も多いです。

予備校などで簿記論の講義を受ける際は、簿記2級程度の知識を持っていることが前提になっている場合が多いので、事前に調べてから受講しましょう。

問題構成

試験時間:2時間

 

【第1問&第2問】

50点

第1問、第2問は、例年通りであれば理論からの出題になります。

 

【第3問】

50点

第3問は計算からの出題になります。

そもそも財務諸表論ってなに?

財務諸表とは、会社の財政状況を表す貸借対照表や経営成績を表す損益計算書を始めとした、外部(主に株主)に報告するための書類を言います。

具体的な計算の方法や細かな仕訳を勉強する簿記論に対し、財務諸表論はそのあと帳簿に落とし込む方法や理論的な側面から会計を学ぶ科目です。

ちなみに財務諸表論の理論は、実務ではほぼ絶対に使うことはありません。

ねこ
ねこ
ええ、仕事で使わないの!?
さかな
さかな
使わないね、断言できる。だから割り切って暗記しようね!!!
ねこ
ねこ
えぇ……

合格率の推移

年度受験者数合格者数合格率
平成30年度8,8171,17913.4%
平成29年度10,4243,08129.6%
平成28年度11,4201,74915.3%
平成27年度12,2021,90615,6%
平成26年度13,3722,46018.4%
平成25年度16,1373,61122.4%
平成24年度18,2463,78520.7%
平成23年度18,6503,10116.6%
平成22年度19,2302,52013.1%
平成21年度18,6262,97616.0%

お気付きでしょうか……。

平成29年度 29.6%

100人受けたら約30人が合格する年でした。

合格率だけで見ると簿記検定並みです。

合格への近道はとにかく行動すること!

↓資料請求はこちら↓

【資格の大原】
税理士を目指すなら

簿記論と財務諸表論の同時学習について

ねこ
ねこ
じゃあ最初は財務諸表論から入るのが良いのかな?
さかな
さかな
いや、そうとは言い切れない。むしろ個人的には簿記論からの方が良いと思う

簿記論を1度学習している人は、財務諸表論の計算はとても簡単に感じます。

そのため計算に関して言えば、簿記論学習者が圧倒的に有利になります。

簿記論学習者は、とにかく計算力(速読、取捨選択の判断力、集計力など)が鍛えられています。

財務諸表論の計算で、簿記論寄りの問題が出題されても対応できてしまいます。

上記を理由に、時間のない方は簿記論→財務諸表論の順にとっていくのがオススメです。

合格率の高い財務諸表論から勉強したい方も多いかとは思いますが、簿記論経験者の方がどうしても有利になってしまうという側面がある以上、ベストは簿記論→財務諸表論だと思います。

そして、大学生や受験専念生などの時間に余裕がある方は、やはり同時学習をオススメします。

計算では出題範囲が被っている部分もあり、相乗効果が期待できます。

勉強時間も短縮できるので、効率よく勉強を進めることが可能です。

財務諸表論の勉強方法

計算は、前述したとおり、とにかく簿記論から学習することです。

簿記論を学習していれば、財務諸表論の計算はかなり楽に感じるはずです。

問題は理論ですね。

本当に何の役にも立たない知識が多いです!要するにとても退屈です。

ねこ
ねこ
そんなに無駄なの?笑
さかな
さかな
ごめんちょっと言い過ぎかも。考え方としては頭に残るんだけど、実際にこの知識を使ってどうこうすることはない…みたいな
ねこ
ねこ
なるほど……?

何の役にも立たない、は言い過ぎかもしれません。

表現が難しいですが、「こういう考え方が前提にある」みたいなことをややこしい言葉で綴られているのが、財務諸表論の理論です。

なので完全に無駄というわけではないのですが、やはり退屈に感じる方が多いです。

幸いそこまで量はないので、これはこういうものなんだと、割り切って覚えると良いでしょう。

税法科目であれば計算の理解の裏付けが理論になったり、その逆もあるので紐づけしながら学習することでより効率的に勉強できるのですが、財務諸表論はそうでもないのです。

大切なのは割り切り。とにかく割り切って覚えてください。

必修科目なので財務諸表論の理論から逃れる術はありません。

計算は後で何とでもなりますが、理論の暗記だけはどうしても短期間では覚えきれず、定着するまでに時間を要するので、勉強時間がなくて迷ったときは理論を優先しましょう。

特に財務諸表論の場合は計算が軽いので、理論に重点を置いて学習をすすめていくのが良いでしょう。

合格への近道はとにかく行動すること!

↓資料請求はこちら↓

【資格の大原】
税理士を目指すなら

「スキマ時間で人生を変える」

↓無料講座のお試し↓

難関資格合格のためのオンライン講座 スタディング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選