税理士

【税理士試験の概要】おすすめの学校や独学で合格できる科目も解説します!

こんにちは、坂名です!

税理士法人に8年勤務し、現在は一般企業で経理部長をやっています。

このページで解決!

  • 税理士試験ってどんな試験?
  • 勉強時間ってどれくらいかかるの?
  • 合格率ってどれくらい?
  • 通信講座どれ選べば良い?
  • 税理士って稼げるの?
  • AIで仕事なくならない?

さかな
さかな
税理士試験を勉強する前の疑問とか不安をすべてこのページで解決するつもりで書いたよ
ねこ
ねこ
すごい欲張ったねー

欲張り過ぎてページが長くなってしまいました。

下記の水色の目次は、クリックやタップで該当箇所まで飛べるようになっているので、是非ご活用くださいませ!

【資格の大原】
税理士を目指すなら

/ 資料の請求はこちら! \

税理士試験ってどんな試験?

試験日、日程

税理士試験は年に1回8月に実施されます。

例年通りなら、火曜日、水曜日、木曜日で行われます。

試験科目

全11科目の中から5科目合格することで「税理士試験に合格した」ことになります。

会計科目

上記のように全11科目は「会計科目」と「税法科目」に分かれています。

ただし、この中から好きに5科目選んで良いかと言うと、そうではありません。

「簿記論」「財務諸表論」必須科目であり、必ず合格する必要のある科目です。

「法人税法」「所得税法」選択必須科目といって、どちらか片方は必ず合格する必要があります。

11科目のうち「簿記論」「財務諸表論」、「法人税法」or「所得税法」を除いた残り7科目から2科目を選択して、合計5科目に合格すればOKです。

そしてもう一点、注意しなければならないことがあります。

「消費税法」と「酒税法」

 

「住民税」と「事業税」

 

上記は、どちらか1科目しか選択することはできません

  • 「簿記論」「財務諸表論」「法人税法」「消費税法」「事業税」 → 〇
  • 「簿記論」「財務諸表論」「法人税法」「消費税法」「酒税法」 → ×
  • 「簿記論」「財務諸表論」「法人税法」「住民税」「事業税」 → ×

ねこ
ねこ
1年で5科目合格しなくちゃいけないの?
さかな
さかな
科目合格制度といって、科目ごとに受験することが可能だよ
ねこ
ねこ
じゃあ今年は簿記論、来年は財務諸表論みたいに自分のペースで出来るんだね
さかな
さかな
そういうこと。1回合格した科目は、その合格はいつまでも消えないよ!

  • 簿記論と財務諸表論は必須科目
  • 法人税法か所得税法はどちらか必ず選択
  • 消費税法と酒税法はどちらか片方しか選択できない
  • 住民税と事業税はどちらか片方しか選択できない
  • 1度合格した科目はずっと有効(科目合格制度)

受験資格

税理士試験は誰でも受験できるわけではなく、受験資格を有している者のみが受験できる試験です。

受験資格を細かく見ていくと、大変な文字数になってしまいますので、ここでは代表的なものだけを紹介します。

大学、短大又は高等専門学校を卒業した者で、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者

大学3年次以上の学生で法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者

日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者(日商簿記検定1級合格者)

ねこ
ねこ
大学卒業してるだけじゃダメなんだ?
さかな
さかな
そうなんだよ。だから勉強を始める前に自分が要件を満たしているか、しっかり確認しておくことをオススメするよ!

税理士試験の受験資格を確認しよう!学歴や職歴などをチェック!大学生・社会人の方、必見!税理士試験の受験資格について解説します。「大学卒業してるから良いんじゃないの?」→そうとも限りません!しっかり確認しましょう!学歴や職歴、実務経験者もチェック!...

合格率の推移

H29年度H30年度
簿記14.2%14.8%
財表29.6%13.4%
法人12.1%11.6%
所得13.0%12.3%
相続12.1%11.8%
消費13.3%10.6%
固定13.3%14.9%
住民14.3%13.5%
国徴11.6%10.7%
事業11.9%11.0%
酒税12.2%12.8%

税理士試験は、国税庁のホームページにも書いてある通り60点以上が合格の基準となっています。

ただし、税理士試験の受験経験者でこれを鵜吞みにしている人はいないと言っても過言ではありません。

60点以上で合格なら競争試験ではなく、試験の難易度によって合格率も変動するはずです。

しかし実際には、税理士試験の合格率は毎年大体同じくらいで推移しており、配点箇所などで合格者を調整していると言われています。

配点箇所が明かされることはなく、自己採点で合格を確信していた人が、蓋を開けてみたら不合格だった!なんていう話もよく耳にします。

各科目の特徴

税理士試験用語みたいなものの説明を、先に済ませてしまいます。

 

税理士試験は11科目りますが、その11科目にはそれぞれ「計算」「理論」と呼ばれるものが存在します。

計算

その名の通り計算問題です。

電卓を使って税額を計算します。

何度も問題集を反復し、自分の中で最高の解き方を見つけた上で試験に臨みます。かなり高いレベルのスピードと正確さが要求されます。

理論

主に税法の暗記と、暗記した税法を駆使し、事例問題などに臨機応変に対応する必要があります。

こちらもスピードが要求されるので迷ったり考えている時間はありません。

精度の高い暗記と、それを素早く引き出す力をつけなくてはなりません。


それでは、各科目の特徴を見ていきましょう!

簿記論

【計算】100%

【理論】0%

【勉強時間目安】

800~1200時間

 

要:簿記2級程度の知識

簿記論は計算100%で構成されます。

近年の試験では理論っぽい問題が多少出題されることもありますが、基本的には計算問題の出題になります。

勉強するにあたり、簿記2級程度の知識が必要です。

ねこ
ねこ
どういうこと?簿記2級?
さかな
さかな
学校に通う上で、受講する講義が「簿記〇級程度の知識」を持っていること前提に作られている科目がいくつかあるんだ
ねこ
ねこ
なるほど。簿記論は簿記2級程度の知識を持ってないと講義についてこれませんよ!ってことね!
さかな
さかな
そういうこと!

簿記論について詳しくまとめたページはこちら!

簿記論の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!税理士試験の試験科目、「簿記論」についての記事です。簿記論の合格率や勉強時間、勉強方法についても解説していきます。...

財務諸表論

【計算】50%

【理論】50%

【勉強時間目安】

800~1200時間

 

要:簿記2級程度の知識

財務諸表論は他の科目に比べ、合格率が高めで推移しています。

計算の学習範囲が簿記論と被っており、簿記論学習後に学習すると勉強時間を大幅に短縮でき、同時学習をオススメしている学校も多いです。

勉強するにあたり、簿記2級程度の知識が必要です。

財務諸表論について詳しくまとめたページはこちら!

財務諸表論の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!税理士試験の試験科目、「財務諸表論」についての記事になります。財務諸表論の勉強方法や勉強時間、合格率の推移について、解説していきます。簿記論との同時学習で勉強時間を短縮できるかも!?...

法人税法

【計算】50%

【理論】50%

【勉強時間目安】

1400~1800時間

 

要:簿記2級程度の知識

複雑な計算、理解力を試す難問、ボリューム感たっぷりの理論。

超難関科目です

税理士事務所などで働く場合は、法人税法で勉強したことが役に立ちます。

実務で使える科目、事務所によっては必須科目だったりします。

法人税法も勉強するにあたり、簿記2級程度の知識が必要です。

法人税法について詳しくまとめたページはこちら!

法人税法の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!税理士試験、法人税法についての解説ページです。法人税法の勉強時間や合格率の推移、難易度についても解説していきます。法人税法と所得税法、どちらを選べば良いか悩んでいる方も見て頂けると幸いです!...

所得税法

【計算】50%

【理論】50%

【勉強時間目安】

1400~1800時間

 

要:簿記3級程度の知識

法人税法と並ぶ難関科目です。

ボリュームも法人税法と同じくらいです。

会社の税金を計算する法人税法に対し、個人事業主の税金を計算するのが所得税法です。

実務でも役に立ちますが、所得税法を使うのは主に確定申告時期になりますので、法人税法ほど重宝される科目ではありません。

勉強するにあたり、簿記3級程度の知識が必要です。

所得税法について詳しくまとめたページはこちら!

所得税法の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!税理士試験、所得税法についての解説ページです。所得税法の勉強時間や合格率の推移、難易度について解説していきます。法人税法と所得税法、どちらを選べば良いか悩んでいる方も見て頂けると幸いです!...

相続税法

【計算】50%

【理論】50%

【勉強時間目安】

1100~1500時間

 

簿記の知識は必要ありません。

民法色が強く、ほかの科目とは少し毛色が違っています。

法人税法などの難関科目合格者が最後の科目として挑戦することも多く、ライバルの猛者率が高いため、難関科目といっていいでしょう。

簿記の知識は必要ありません。

ねこ
ねこ
も、猛者率……!?
さかな
さかな
そう、猛者率。簿記論や財務諸表論の受験生と、法人税法や所得税法の受験生は猛者率がかなり違うんだ
ねこ
ねこ
簿記論や財務諸表論はみんな最初に受けるから受験生のレベルがそんなに高くないってこと?
さかな
さかな
うん、逆に法人税法や所得税法は、2~3科目合格してる人が受験することが多いから猛者率が高いんだ

相続税法について詳しくまとめたページはこちら!

相続税法の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!税理士試験の試験科目、相続税法の勉強時間や勉強方法について解説します。試験の難易度や合格率の推移、実務で実際に必要かどうかなどについても触れていきます。...

消費税法

【計算】50%

【理論】50%

【勉強時間目安】

700~1100時間

 

要:簿記3級程度の知識

消費税法は、勉強していて楽しい科目です。

そして実務では法人税法以上に必須科目です。

勉強してみるとわかりますが、仕訳1本切るのに消費税区分の判断が必要になります。

法人税法、所得税法と比べるとボリュームも軽く、理解もしやすいため、税法の入門科目のような位置づけです。

勉強するにあたり、簿記3級程度の知識が必要です。

消費税法について詳しくまとめたページはこちら!

消費税法の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!税理士試験、消費税法の難易度や勉強時間、勉強方法や合格率の推移をみていきます。そもそも消費税ってどんな勉強するの?おすすめの学校についても解説します!...

固定資産税

【計算】50%

【理論】50%

【勉強時間目安】

500~900時間

 

簿記の知識は必要ありません。

所得税法や法人税法が申告課税方式と呼ばれるのに対し、固定資産税は賦課課税方式の税金です。

賦課課税方式とは税額の計算を国や地方が計算し、課税する方式を言います。

逆に納税者自らが計算し、申告する税金を申告納税方式といいます。

つまり実務でそんなに役立つことはありません。

簿記の知識は必要ありません。

固定資産税について詳しくまとめたページはこちら!

固定資産税の難易度は?合格率の推移や勉強時間についても解説!税理士試験、固定資産税の難易度や勉強時間、勉強方法や合格率の推移をみていきます。独学でも合格は可能か、おすすめの学校についても解説します!...

住民税

【計算】50%

【理論】50%

【勉強時間目安】

500~900時間

 

簿記の知識は必要ありません。

比較的馴染みのある科目ではないでしょうか。

所得税法を学習済みの方は、学習範囲が被っている部分も多く、計算構造も似ている勉強しやすいです。

実務でも意外と住民税の知識が役に立つことも多いです。

ただし、必要な知識だけ少し勉強すれば対応できるため、必須ではありません。

住民税も、簿記の知識は必要ありません。

住民税について詳しくまとめたページはこちら!

住民税の難易度は?合格率の推移や勉強時間についても解説! 住民税は、所得税法と計算構造が似ており、試験範囲も被っている部分があります。 ミニ税法ですが、確定申告期などは実務でも知...

国税徴収法

【計算】0%

【理論】100%

【勉強時間目安】

400~800時間

 

簿記の知識は必要ありません。

理論100%の試験です。

計算が苦手な方や、逆に暗記が得意な方は狙い目かもしれません。

お察しの通り、実務ではほとんど使わない知識です。

ボリュームも少なく、理論100%なのでほぼ満点勝負!なんてよく言われていますが、ミニ税法の中では意外と人気の高い科目になります。

簿記の知識は必要ありません。

ねこ
ねこ
ミニ税法ってなに?
さかな
さかな
税法科目の中でボリュームが少ないものをミニ税法って呼ぶんだよ、公式な括りではないけどね

国税徴収法について詳しくまとめたページはこちら!

国税徴収法の難易度は?合格率の推移や勉強時間についても解説!税理士試験の試験科目「国税徴収法」の解説ページです。他のミニ税法に比べ、圧倒的な人気を誇る国税徴収法。その人気の理由や、選択するメリットなどについて解説します。...

事業税

【計算】45%

【理論】55%

【勉強時間目安】

500~900時間

 

要:簿記3級程度の知識

勉強のボリュームが少ないため、合格ラインも高いです。

1つのミスが合否を大きく左右します。

実務ではさほど重要ではありませんが、全く使わないということもありません。

勉強するにあたり、簿記3級程度の知識が必要です

事業税について詳しくまとめたページはこちら!

事業税の難易度は?合格率の推移や勉強時間についても解説!税理士試験の試験科目「事業税」の解説ページです。独学で合格レベルまでもっていくことは可能か、実務で役に立つのか、合格率の推移などと合わせて解説していきます。事業税は法人税法と考え方が似ているため、法人税法の学習経験者におすすめの科目です!...

酒税法

【計算】30%

【理論】70%

【勉強時間目安】

400~800時間

 

簿記の知識は必要ありません。

酒税!ちょっと面白そうですよね。

実務ではほぼ役に立たない科目です。

お酒が好きで詳しくなりたい人や、勉強と実務は別だと割り切れる人でなければオススメできません。

簿記の知識は必要ありません。

酒税法について詳しくまとめたページはこちら!

酒税法の難易度は?合格率の推移や勉強時間についても解説!税理士試験、酒税法の概要、難易度や勉強時間、合格率の推移をみていきます。独学でも合格できるのか、おすすめの学校などについても解説します!...

勉強時間はどのくらい?

5科目で3,000~5,000時間くらいがとりあえずの目安にはなります。

幅が広過ぎて目安にならないですね。

というのも税理士試験は、選択する税法によってかなり勉強時間に差が出ます。

3,000時間で合格できればかなり効率良く勉強の出来る人だなって印象です。

あくまでも参考程度にお考え下さい。

税理士の年収っていくらくらい?

開業税理士と勤務税理士で話が違ってきますが、大体500~700万と言われています。

 

今は税理士といえど、ホームページを作成するだけでお客さんが集まってくる時代ではありません。

個人で開業して、30代で1,000万円以上稼ぐ税理士さんを知っていますが、やはり大切なのは営業力でしょう

 

資格取得=高収入ではないので注意が必要です。

独学でも合格レベルまでいけるのか

前提として、どの科目も学校に通った方が絶対に有利です。

税理士試験は相対評価の競争試験であり、ライバル達の多くは学校に通っています。

しかし、もしどうしても独学でやりたいということであれば、会計科目をオススメします。

逆に言えば、税法科目の独学はかなり難易度が高いです。

税法科目の理論は深い理解が要求されるので、学校の講義で理解を伴った暗記をしているライバル達に独学では勝てないでしょう。

近年の理論問題は、暗記したものをそのまま書くのではなく、自分の言葉も交えて作文する必要があります。

学校では添削もしてもらえるので、答案用紙の作り方なども教えてもらえるので、独学者よりも圧倒的に有利なのです。

そういう意味で、どうしても独学を選択するのであれば、簿記論や財務諸表論などの会計科目をオススメしますが、やはり会計科目も学校(予備校)に通うことがベストであり、望ましいです。

  • どの科目も学校に通った方が有利
  • どうしても独学なら会計科目
  • 税法科目の独学はかなり厳しい

おすすめの学校(予備校)は?

税理士は人気の資格です。

色々な学校が税理士の講座を開講していますが、結論から申し上げますと、自分の性格や生活スタイルに合った講座を受講するのが1番です。

1番避けたいのは、結局通わなくなったり、講義を視聴しなくなってしまうことだと思います。

自分に合った学校を選択することが、合格への近道です。

それでは、紹介していきます!

『資格の大原』の税理士講座

説明不要と言っても過言ではないですね!

官報合格占有率57.9%の実績、迷ったらとりあえず大原を選んでおけばOKです。

実績に勝る信用は無いでしょう。

学校に通えない方に向けて、最近はWEB講義にも力を入れています。

【資格の大原】
税理士を目指すなら

/ 資料の請求はこちら! \

スタディング(通勤講座)

「スキマ時間で人生を変える」

スマホやタブレット端末でのオンライン講義に特化し、時代のニーズに合わせたKIYOラーニングの税理士講座です。

時間がない社会人の移動時間やお昼休憩に焦点を当てた、スキマ時間の有効活用。

コストが低い こともオススメできるポイントの1つです。

おまけ:AIに仕事を奪われるって本当?

私の個人的な見解ですが、半分本当で半分嘘です。

RPAやAIに敏感で、常に新しいものにアンテナを張って、自動化することにより今までの作業時間を削減し、余った時間で何が出来るのか、しっかり考えている税理士さんはこれからも生き残っていくと思います。

逆に、記帳代行や給与計算などをメインにしている税理士事務所は、完全に淘汰されるとは思いませんが、段々と市場が縮小していくのは間違いないでしょう。

税理士の仕事は、税法に則った上で顧問先と相談し、なるべくその意向に沿って、顧問先に寄り添う形で業務を遂行します。

AIが心を持ち、しっかりと聞き取りをしたうえで選択肢を提示し、顧問先にとって最善の方法を選択できるのであれば、もしかしたら税理士は不要になってしまうかもしれません。

しかし、もしそんなことが可能であれば税理士に限らず、ありとあらゆる職種は不要になるでしょう。

我々が生きている時代に、税理士の仕事をAIが完全に奪うのは不可能です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選