税理士

法人税法の難易度は?合格率や勉強時間についても解説!

ねこ
ねこ
法人税法と所得税法、どっちか必ず受けないといけないんだよね
さかな
さかな
うん、選択必須科目だからどちらかは必ず合格しないといけないね
ねこ
ねこ
どっちを選べば良いの?
さかな
さかな
どっちでも良いけど、個人的には法人税法かな。後で説明する

こちらは、税理士試験の試験科目「法人税法」についての解説ページになります。

税理士試験全般に関する解説はこちらをご覧ください。

【税理士試験の概要】おすすめの学校や独学で合格できる科目も解説します!税理士試験の概要について解説します。税理士試験には、独学でも合格ラインまで持っていきやすい科目と、独学に向いてない科目があります。おすすめの学校(予備校)も紹介します。...

合格への近道はとにかく行動すること!

↓資料請求はこちら↓

【資格の大原】
税理士を目指すなら

法人税法の概要

【計算・理論割合】

計算50% 理論50%

【勉強時間目安】

勉強時間目安1400~1800時間

法人税法は、ボリュームが最も多い科目の1つです。

初学者の合格は難しいと言われるほど、難関科目になります。

予備校などで法人税法の講義を受ける際は、簿記2級程度の知識を持っていることが前提になっている場合が多いので、事前に調べてから受講するようにしましょう!

簿記2級についてはこちらをご覧ください。

【日商簿記2級】試験内容や勉強方法を解説!合格率の推移もチェック!簿記2級ってどんな試験?勉強を始める前の簿記2級に関する疑問をこのページで全て解決します!試験の内容や勉強方法、合格レベルに達するまでの平均勉強時間や合格率の推移、独学か学校等で通信講座を受講した方が良いのか。現役の経理部長が実体験を元に解説します!...

合格率の推移

年度受験者数合格者数合格率
平成30年度4,68154211.58%
平成29年度5,13361912.06%
平成28年度5,64265511.61%
平成27年度6,07967311.07%
平成26年度6,63582312.40%
平成25年度6,97286312.38%
平成24年度7,00088112.59%
平成23年度7,33491912.53%
平成22年度7,66896612.60%
平成21年度7,74693412.06%

ねこ
ねこ
難関科目って言う割には合格率高くない?
さかな
さかな
合格率が高い=合格しやすい、わけじゃないからね

法人税法は、猛者率の高い科目です。

要するに、受験生のレベルが高いのです。

理由は2つあります。

1つ目は、簿記論、財務諸表論、消費税法に合格した人が次に受験する科目として「法人税法」を選ぶことが多いからです。

2つ目は、法人税法はボリュームが多く、1発合格する人が少ないため、ライバルとなる周りの受験生が初学者とは限らないのです。

上記の理由から、法人税法は、簿財消に合格している受験生や2~3年法人税法を受験している受験経験者などと合格枠を競い合うため、合格率=合格しやすいとは言えないのです。

合格への近道はとにかく行動すること!

↓資料請求はこちら↓

【資格の大原】
税理士を目指すなら

法人税法の勉強方法

【理論】

理論を絶対に後回しにしないこと。

法人税法は暗記の範囲が広いので、とにかく毎日理論に触れ、暗記した条文を短期記憶から長期記憶に知り必要があります。

ボリュームが多いので、理論を後回しにして試験直前で一気に詰め込む作戦は、よほどの天才でない限りは通用しません。

法人税法に限らず、他の税法科目の理論にも言えることですが、本試験でボールペンが止まったらアウトくらいに考えておく必要があります。

「えーと、、、ここなんだったっけ」

「ここ、なんて書こうかな……」

なんて考えている時間の余裕は一切ないです。

問題を見た瞬間に、「ああ、あれとあれの理論が聞かれているのね!」でダダダッと書き始めないと、とにかく時間がなくなってしまいます。

ようするに短期記憶では太刀打ちできないのです。

ほんの少しの隙間時間でも理論に触れ、早い段階から理論を回せるようにしましょう。

【計算】

計算は、シンプルですが、常に制限時間を意識して問題集を繰り返し解き、苦手論点を徹底的に潰しておくことです。

本試験では、今まで見たことのないような論点が出題されることもあります。

そういう問題が出た時は慌てず、解けるところを確実に得点していく意識で取り組んでください。

今まで見たことのないような論点は、他の受験生も解けない可能性が高いです。

解けない問題に時間をかけず、取れるところで確実に得点しましょう。

法人税法と所得税法、どっち選べば良いの?

法人税法と所得税法は、選択必須科目ですので、どちらか一方は必ず合格する必要があります。

中には両方受ける猛者もいますが、短期での合格を目指す場合はどちらか一方の受験にしておいた方が無難でしょう。

では、どちらを選べば良いのか。

試験の難易度で選ぶ

正直なところ、ボリューム・難易度共にそこまで差はないです。

好きな方を選ぶ

所得税法は個人事業主、法人税法は法人にかかる税金です。

そういった意味では、所得税法の方が確定申告などで身近に感じるかもしれません。

実務を見据えて選ぶ

税理士事務所にもよりますが、実務で役に立つのはどちらかと言えば「法人税法」でしょう。

税理士事務所は、法人の顧問料が売上の主体になっていることが多く、さらに法人税法は法人ごとに決算期が違うので、1年中その知識が必要になります。

一方で所得税法は、特別な事情がない限りは、1年に1回の確定申告期でしかその知識が必要になることはありません。

こんな感じでしょうか。

ねこ
ねこ
難易度にはそこまで差はないから、好きな方選ぶか実務見据えるなら法人税法選べってことね
さかな
さかな
そういうこと!

合格への近道はとにかく行動すること!

↓資料請求はこちら↓

【資格の大原】
税理士を目指すなら

「スキマ時間で人生を変える」

↓無料講座のお試し↓

難関資格合格のためのオンライン講座 スタディング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選