簿記

【日商簿記3級】試験内容や勉強方法を解説!合格率の推移もチェック!

こんにちは、坂名です。

税理士法人に8年勤務後、現在は中小企業で経理部長をやっています。

経理の入り口とも言える資格がこのページで紹介する日商簿記検定3級です。

基本的に勉強を始める前段階の、簿記3級に関する疑問を全て解決できるようにこのページを作りました。

このページでわかること

  • 簿記3級の試験内容
  • 勉強方法(独学or講座)
  • 合格率の推移
  • おすすめのテキストや通信講座

税理士や公認会計士の先生も、最初はみんな簿記3級の勉強からスタートします。

ねこ
ねこ
簿記初級ってなかったっけ?
さかな
さかな
簿記のボの字も知らない初心者でも3級からで大丈夫

簿記初級は、数年前まで簿記4級として実施されていた試験ですが、簡単に言うと

「みんな3級から受けるから4級いらないのでは?」

とその存在意義が疑われ、何故か簿記初級に名称が変更になったという経緯があります。

通信講座などを受講する際も、3級の講座から受講して大丈夫です。

どこの学校も3級の講座は全くの簿記初心者を対象に開講しています。

そもそも簿記って何?という方は≫こちらの記事をご覧ください。

独学と通信講座でお悩みの方

スタディングの簿記3級講座がオススメです。

講座代金が3,480円(税抜)なので、独学で市販のテキストを買うのと変わらないくらいのコストで通信講座が受講できます。

▼スタディング公式HPはこちら▼
オンライン資格講座スタディング_簿記講座

スタディング

/無料講座を試してみる\

日商簿記検定3級ってどんな試験?

それでは早速、日商簿記検定3級の概要について解説していきます。

順番に見ていきましょう!

試験日、日程

日商簿記検定3級は、2月、6月、11月に実施されます。

基本的に試験は日曜日に行われます。

受験資格

どなたでも受験可能です。

試験内容

試験は大きく分けると全部で5問出題されます。

ここは勉強を始める前に知っておく必要はないので、「こんなもんか~」くらいで大丈夫です。

軽く読み飛ばしてしまってOKです。

第1問

仕訳問題が5題出題されます。

過去問で傾向を押さえておけば普通に得点できるので、全問正解を狙いにいく気持ちで4問は正解したいところです。

第2問

補助簿、勘定記入などからの出題です。

補助簿は「商品有高帳」が頻出ですが、他にも「売掛金・買掛金元帳」や「現金出納帳」など様々な補助簿から出題されることもあるので、第2問は帳簿記入全般を広く対策する必要があります。

勘定記入については、テキスト等で理解を深め、過去問でしっかり対策すれば容易に得点することが可能です。

第3問

基本的には、試算表を作成する問題が出題されます。

簿記3級の試算表の作成は、仕訳知識の積み上げです。 3問は問題を解くスピードも問われるので、問題集や過去問などを解く際は日ごろから時間を意識して解きましょう。

第4問

伝票会計や勘定記入、決算仕訳などからの出題になります。

伝票会計の確率が高めです。 伝票会計は問題を複雑に作りようがないので、得点源になります。

第5問

精算表作成または財務諸表作成の問題が出題されます。

過去問でしっかりと傾向を対策さえすれば、十分に高得点を狙えます。第3問の試算表作成と同様、日ごろから時間を意識して問題を解くようにしましょう。

ねこ
ねこ
何が書いてあるのか全然わかんない( ;∀;)
さかな
さかな
一応載せといただけだからわからなくてOK。こんなの一通りテキスト読み終えた後で見れば良いから

合格基準点

試験時間は2時間で、70点以上が合格です。

絶対評価の試験ですので、 周りの受験生は関係なく、とにかく自分が70点取れれば合格となります。

絶対評価試験とは、合格点が予め決まっていて、その合格点を取れた者全員が合格できる試験のことです。

反対に、合格点は決まっておらず、「上位何人が合格」のような他の受験生と競争になる試験のことを相対評価試験と言います。

合格率の推移

2019年11月43.1%
2019年6月56.1%
2019年2月55.1%
2018年11月43.8%
2018年6月44.3%
2018年2月48.9%
2017年11月40.3%
2017年6月50.9%
2017年2月47.4%

ねこ
ねこ
合格率高めだね!
さかな
さかな
3級は簿記の入門編だからね!

簿記検定は絶対評価試験なので、問題が難しければ合格率は下がるし、簡単であれば当然合格率が高くなります。

推移を見て頂くとわかるとおり、ここ数年は難しい回でも40%を上回っているので、比較的合格しやすい試験であることがわかります。

必要な勉強時間はどのくらいか

全く簿記の知識がない人を基準に考えて、おおよそ80~100時間が合格レベルに達するまでの勉強時間の目安になります。

1日3時間勉強すれば約1か月で合格レベルまで持っていくことが可能です。

簿記3級は独学と通信講座、どっちが良い?

職業柄、「独学と講座どっちが良いですか?」という質問をよく頂きます。

結論は、スタディングの通信講座がオススメです。

数年前だったら、圧倒的に独学を支持していました。

が、スタディングの簿記3級講座に関しては、独学とほとんど変わらないコストで通信講座が受講できます。

ねこ
ねこ
いくらなの?
さかな
さかな
税抜で3,480円。これ最早受講しない理由ないんじゃないの?ってくらい安い

≫スタディングの無料講座を試してみる

独学におすすめのテキストを紹介!

実際に僕が勉強をする時に使っていたものをご紹介します。

とは言っても、王道テキストなのでご存知かもしれませんが(笑)

TAC出版から出ている「スッキリわかる 日商簿記3級」です。

スッキリわかるシリーズと呼ばれているメジャーテキストです。

テキストと問題集がこの一冊にまとまっているので、インプットとアウトプットがこれだけで完結します。

あとは過去問を解きましょう。

過去問はどれを使っても大差ないのですが、僕は大きくて使いやすかったのでこれを使ってました。

≫簿記3級の独学についてもう少し詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

簿記3級単体では、就職で有利になること等の恩恵はありませんが、税務・会計・経理の世界への第一歩は簿記3級です。

初めの一歩は少し重たいかもしれませんが、今は電話しなくても資料が簡単に請求できてしまう時代です。

大きな一歩を軽やかに。

その一歩は、自分を少し高いところへ連れてってくれるかもしれません。

▼スタディング公式HPはこちら▼
オンライン資格講座スタディング_簿記講座

スタディング

/無料講座を試してみる\

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選