簿記

【日商簿記1級】試験内容や勉強方法を解説!合格率の推移もチェック!

こんにちは、坂名です!

普段は中小企業で経理部長をやっています。

このページは日商簿記検定1級について解説します。

このページを読んで欲しい人

  • 1級ってどんな試験?
  • 1級を受験しようか迷っている
  • 1級ってどのくらい難しいの?
  • 独学で合格できる?
  • おすすめの通信講座ある?
  • 税理士試験の簿記論と迷っている
  • 就活・転職活動で有利になる?
ねこ
ねこ
読んで欲しい人多っ!ほとんど全ての人じゃん!
さかな
さかな
勉強を始める前の簿記1級についての疑問、全て解決する勢いで書いた

目次から見たいところまで飛べるようになっています。

それでは早速、見ていきましょう!

そもそも簿記って何なの?という方はこちらをご覧ください。

【簿記とは】わかりやすく簡単に解説します!簿記に関する疑問を、このページで全て解決します。「簿記って何なの?」「どんな資格なの?」「どんな仕事に就けるの?」「就活で有利になる?」など、現役の若手経理部長が1からわかりやすく、簡単に解説していきます!...

本気になったら大原!

↓資料の請求はこちら↓

【資格の大原】
簿記1・2級合格を目指すなら

日商簿記検定1級の概要

試験日、日程

日商簿記検定1級は、6月と11月に実施されます。

例年通りであれば、日曜日に行われます。

2級と3級は、2月にも試験があり年3回実施されますが、1級は年2回、6月と11月のみの実施となります。

受験資格

どなたでも受験可能です。

2級に合格していなくても、1級からいきなり受験することも可能です。

試験内容

学習を始める前に、各科目でどのような問題が出題されるか知りたい!という人は少ないと思います。

実際、知ったところでテキストや講座等でどうせしっかり学習することになるので、ここは「ふ~ん、そうなんだ~」程度に流し読みで結構です。

【試験科目】

  1. 商業簿記
    2級の知識を深掘りした、より難易度の高い論点が出題されます。
  2. 会計学
    企業会計原則や会社法、財務会計の概念フレームワークなど、会計に関する体系的な理解を問う問題が出題されます。
  3. 工業簿記
    複雑な配賦方法や分析など、2級に比べて難易度がグッと高くなります。
  4. 原価計算
    直接原価計算や差額原価収益分析など、難しそうな論点が多いですが、しっかりと学習すれば得点しやすい科目です。

試験時間は下記のとおりです。

商業簿記・会計学90分
工業簿記・原価計算90分

4科目合計で3時間が試験時間となります(途中15分休憩あり)

2級と3級は試験時間が2時間でしたが、1級は3時間の長丁場です。

合格基準点

4科目の総得点が70%以上で合格となります。

ただし、1科目ごとに40%以上という科目別の基準点が設けられています。

全体で70%以上取れていても、1つでも40%に満たない科目(10点未満)があれば不合格となります。

科目別の合格基準点の設定も1級のみです。

これにより、満遍なく学習を進める必要があります。

合格率の推移

2019年6月8.5%
2018年11月9.0%
2018年6月13.4%
2017年11月5.9%
2017年6月8.8%
2016年11月9.3%
2016年6月10.9%

ねこ
ねこ
合格率低っ!一桁の回とか普通にあるんだね!
さかな
さかな
3級と2級の難易度の差が10だとしたら、2級と1級の差は100くらい違うと思って良い
ねこ
ねこ
もう別の試験じゃん……

難関国家資格並みの合格率です。

税理士試験の1科目と大体同じくらいの合格率の推移です。

合格率だけがその試験の難易度を表しているとは思いませんが、簿記2級と比べてみてください。

【日商簿記2級】試験内容や勉強方法を解説!合格率の推移もチェック!簿記2級ってどんな試験?勉強を始める前の簿記2級に関する疑問をこのページで全て解決します!試験の内容や勉強方法、合格レベルに達するまでの平均勉強時間や合格率の推移、独学か学校等で通信講座を受講した方が良いのか。現役の経理部長が実体験を元に解説します!...

本気になったら大原!

↓資料の請求はこちら↓

【資格の大原】
簿記1・2級合格を目指すなら

合格レベルに達するまでの平均的な勉強時間

簿記2級程度の知識をお持ちの場合には500時間程度が目安になります。

完全に簿記初心者という場合には、700~800時間程度を見ておいた方が良いでしょう。

簿記3級80~100時間程度
簿記2級250~300時間程度
簿記1級700~800時間程度
完全に初心者の状態から各級を受験する場合の目安時間です。

実際のところ勉強時間は個人差がありますが、1級に関してはそれ以上に、独学と講座を受講している人で勉強時間にかなり差が出ます。

難易度の高い試験なので、独学だとどうしても理解するまでに時間がかかってしまう、というのが主な原因です。

簿記1級は独学で合格できる?

簿記3級や2級のページでは、「独学で合格可能なのであとは個人の状況や好みで決めましょう」みたいなことを書いているんですが、

簿記1級に関しては、通信講座の受講を強くオススメします。

講座をオススメする理由

  • 難易度が高い分、1人で理解するには限界がある
  • 理解に時間がかかる分、勉強時間も長く取る必要がある
  • わからないところがあっても自分で解決するしかない
  • 試験が年に2回しかなく、チャンスが少ない

各予備校は試験を日々研究し、要点をまとめてテキストを作成し、わかりやすい講義で視覚と聴覚から理解を手助けしてくれます。

わからないところがあれば質問もできます。

2級までであれば、わからないところがあっても自分で調べたり、問題を解いているうちに理解できたり、多少曖昧な理解でも合格できてしまうのですが、1級はそうはいきません。

理解するまでに時間がかかり、1人で完全に理解できる保証もありません。

2、3級は年に3回試験がありますが、1級は年に2回しかチャンスがありません

しっかりと万全の対策をしてから試験に臨むためにも、予備校などで講座を受講することをオススメします。

ねこ
ねこ
独学じゃ絶対合格できないの?
さかな
さかな
そんなことはないよ!独学で合格した人も知ってるし。ただ効率を考えると1級の独学はオススメできないって話

どうしてもコストを抑えたい方

どうしてもコストを抑えたい!という方は独学もアリです。

税理士や公認会計士のように、独学だと合格はほぼ不可能、ということはないです。

簿記検定は市販のテキストも充実しているので、やる気と時間さえあれば、独学でも合格は可能です。

おすすめの通信講座は?

強くおすすめしたいのは、資格の大原の簿記講座です。

2~3級は好みで選んでも良いかとは思いますが、1級は年に2回しか実施されない上に、難関国家試験レベルの合格率を誇る試験です。

試験の回数が少ないと、1回の試験の重みが違ってきます。

もし不合格だったら次の試験は…と考えると、目標が遠すぎてモチベーションが下がってしまいます。

だからこそ、1級の通信講座は一切不安を抱えずに安心して受講できるものを選び、勉強に集中できる環境づくりが大切です。

実績をしっかりと公開している点で信頼性があり、簿記の学校としての歴史も古く、ネームバリューもあります。

まずは資料の請求をしてみましょう!

本気になったら大原!

↓資料の請求はこちら↓

【資格の大原】
簿記1・2級合格を目指すなら

上記のボタンから大原の公式ページに飛んで頂き、請求方法がわからない場合は下記を参照にしてみてください。

【PCの場合】

【スマホの場合】

簿記1級を取得するメリット、価値はあるのか

簿記1級取得のメリットや価値を語る上で、一度少し考えてみて欲しいことがあります。

資格試験を受ける意味ってなんでしょうか。

絶対に遊んでた方が楽しいのに、遊ぶ時間を削って勉強して。

絶対寝てた方が楽なのに、寝る時間を削って勉強して。

仕事で忙しいのに、合間を縫って勉強して。

疲れてるのに、帰ってから勉強して……。

ハッキリ言って物凄いストレスだと思います。

それでも、合格したその先に期待と希望があるから、頑張って勉強できるんです。

合格そのものが欲しいわけではなく、合格の先にあるものに期待して、資格試験を受ける人がほとんどだと思います。

なので、勉強を始める前に「本当に自分には簿記1級の合格が必要なのか」をよく考えてみましょう。

最終的にどこを目指してるのか
  • 「税理士を目指している!」
    受験資格を満たしているのであれば、簿記2級をとって、1級ではなく税理士試験の「簿記論」を受験することをオススメします。
  • 「企業の経理部に就職したい!」
    2級をとって、後は給与計算や経理に必要な最低限の税務の本を読んだ方が実務では役に立ちます。
  • 「就活を有利に進めたい!」
    簿記1級は難関試験なので、高い評価を受けることはできますが、実際に経理の仕事で1級の知識が必要になることは少ないです。

税理士法人に8年勤務し、現在は中小企業で経理部長をしている僕の個人的な意見です。

当然、僕の意見が全てではないので参考程度にお読みください。

勿論、簿記1級の受験を否定しているわけではありません。

人によって個別の様々な事情があると思います。

ただたまに、「せっかく2級を取ったから1級も取ろうかな!」という方がいます。

それも強い信念があれば良いのですが、簿記2級と1級は完全に別の試験であると考えるべきです。

それくらい難易度に差があります。

「せっかくだから」「ついでに」程度で挑む試験ではないことを、知っておいて欲しいのです。

もし目標が、もしくは目標の通過点として簿記1級が必要であれば、もちろん受験する価値のある資格です。

難関資格であることは周知の事実なので、称賛に価することは間違いないです。

ここまで読んで下さったあなたが、超難関試験である簿記1級に見事合格することを陰ながら応援すると共に、そっと背中を押すつもりで書きました。

合格への近道は行動すること!

↓資料の請求はこちら↓

【資格の大原】
簿記1・2級合格を目指すなら

簿記1級と税理士試験の簿記論、どっちを受験するか迷っている方へ

これは完全におまけです。

税理士法人と企業の経理、どちらも経験している自分だからこそ伝えられることがあるのではないか、要するに僕が書きたいから書きます(笑)

結論から書きます。

  • 受験資格のある方
    簿記論の受験をオススメします。
  • 受験資格のない方
    簿記1級の受験をオススメします。

大学卒業(法律学または経済学を1科目以上履修)など、既に受験資格をお持ちの場合は迷わず簿記論を学習しましょう!

簿記1級も価値のある資格ですが、税理士事務所や税理士法人で評価されるのは間違いなく簿記論の合格者です。

税理士事務所や税理士法人に就職する際も、科目合格者が前提になっている募集も多く、受験資格を有している方は全く迷う必要はありません。

簿記論を受験しましょう。

【資格の大原】
税理士を目指すなら

受験資格がない方は、簿記1級に合格すると税理士試験の受験資格が与えられます

簿記1級と簿記論は学習範囲が被る部分もあるので、学習を進める上でのアドバンテージにもなります。

ただし、簿記1級よりも簡単に受験資格を手に入れることが出来ないか、1度税理士試験の受験資格を国税庁のホームページでチェックすることをオススメします。

税理士試験について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【税理士試験の概要】おすすめの学校や独学で合格できる科目も解説します!税理士試験の概要について解説します。税理士試験には、独学でも合格ラインまで持っていきやすい科目と、独学に向いてない科目があります。おすすめの学校(予備校)も紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選