簿記

【短期合格】簿記2級は1か月で合格レベルまで持っていける試験です!

こんにちは、中小企業で経理部長をやっている坂名です。

このページでは、簿記2級に超短期間で合格するための少し非常識な方法を実体験を混ぜながら紹介していきます。

この記事はこんな人にオススメ!

  • 簿記知識ゼロだけど簿記2級に挑戦したい
  • とにかく短期間で簿記2級合格を狙いたい
  • 早い段階で合格レベルまで持っていきたい

実際に僕自身が、簿記知識ゼロの状態から勉強を始めて3週間で簿記2級に合格しました。

大学生など時間に余裕がある人はもちろん、社会人でも隙間時間を有効に活用すれば十分に短期間で合格することができます。

こちらの記事は時間がない人に向けた荒療治的な方法です。

≫まだ試験まで時間があるという方はこちらの正攻法をご覧ください。

≫通信講座を検討してみたい方はこちら。

簿記知識ゼロから3週間で簿記2級に合格した実体験

まず最初に、合格した際のポイントをあげておきます。

短期合格のプロセス

  1. 3級の細かい論点は無視してすぐ2級へ
  2. 工業簿記はヤマを張った
  3. 市販のテキストで独学
  4. 過去問は1冊買って1周やった

それでは順番に見ていきましょう!

3級の細かい論点は無視してすぐ2級へ

3級の細かい論点は2級では出題されません

しかし、簿記が何なのかもいまいちわかっていない状態で、2級のテキストから始めても、何が書いてあるか理解ができないでしょう。

そこで3級はテキストを1冊だけを購入し、3日間で流し読みしました。

試験当日まで3週間しかなかったわけですから、3級のテキストをじっくり読んでいる余裕はありません。

とにかく簿記とはどういうものなのかを理解するように読み進めましょう。

ちなみにその時使ってたテキストがこちらです。

工業簿記はヤマを張った

はい、正直に言います。

ヤマを張りました。

ねこ
ねこ
ヤマを張った!?
さかな
さかな
適当にヤマを張ったわけではないよ!運も含めて合格したもん勝ちだから!
ねこ
ねこ
まあそうだけど…

いきなり運任せかよ!と思われた方、ごめんなさい。

簿記知識ゼロからスタートして、3級をほぼすっ飛ばし、3週間で2級に合格するには正直少し運の要素も必要でした

時間に余裕のある方は、ここは読み飛ばして構いません。

時間に余裕のない一夜漬けタイプの方は、限りなく運の要素を少なくするように気を使いながらヤマを張りましょう。

例えば…

  • 前回の試験で出た論点は勉強しない
  • 細かい論点は飛ばす
  • 理解に時間がかかりそうな論点は飛ばす

かなり思い切った戦術です。

ちなみに僕の場合は、前回出題されたという理由で「銀行勘定調整表」を、理解に時間がかかりそうという理由で「CVP分析」を完全に捨てました。

出題されていたら確実に不合格でした。

さかな
さかな
時間がある人はヤマ張らない方がいいよ!
ねこ
ねこ
当たり前でしょ

「ヤマを張る」はあくまでも最終手段です。

なるべく余裕をもって満遍なく勉強することをオススメします。

説得力ないですよね、わかります。

市販のテキストで独学

本当は通信講座やWEB講座を受講してじっくり勉強したかったのですが、時間がなかったので市販のテキストで独学しました。

その際に使ったテキストがこちらです。

簿記3級を3日で流し読みした時と同じものを使用しました。

この教材の良いところは、テキストと問題集がセットになっているという点です。

文字の大きさや配列も丁度良く、活字が多いと読むのが嫌になる僕でも抵抗なく勉強することができました。

簿記に強いTACが出版しているという点でも安心できます。

過去問は1冊買って一周だけやった

どんな試験であっても、過去問を解く理由はご存知の通り試験の傾向を知るためです。

それは簿記検定も例外ではなく、「引っ掛け問題」や「独特の言い回し」などを事前に過去問を解くことによって意識することはとても大事なことです。

簿記検定の勉強方法を調べると「過去問何回転もしろ!」「とにかく過去問やれ!」といった具合に、過去問の重要性を説いているものが多いです。

実際、時間に余裕があれば過去問は2~3回転くらいやった方が良いとは思います。

ねこ
ねこ
過去問、何回転したの?
さかな
さかな
1回だね
ねこ
ねこ
!?!??

3週間~1か月で合格を狙おうとすると1回転するので精一杯です。

仮に2回転目を解く時間があったとしても、間が空いてないので脳が答えを覚えてしまっていて、あまり意味のない時間になってしまいます。

そしてこれは個人的な見解ですが、必ずしも2時間で過去問を解く必要はないということです。

ねこ
ねこ
え、でも実際の試験と同じように時間を意識して解いた方が良いんじゃないの
さかな
さかな
それが勿論ベストだけど、絶対ではない。過去問を解く最大の目的は試験の傾向を知ることだからね

まとまった時間が取れれば実際の試験と同じように時間を測って過去問を解くのがベストですが、忙しい人は2時間まとまった時間を確保するのは中々難しいと思います。

そこで、自分の中の「過去問は本番と同様の条件で解く」という常識をぶち壊します。

時間の無い方は、問題ごとに解いたらすぐ答えを見てしまってOKです。

要は傾向の対策が出来れば良いわけで、それは2時間まとめて解こうが1問1問解いていこうが、目的は達成できるのです。

過去問を解く最大の目的は試験の傾向を知ることであって、時間を測ることではない!

ただし、時間は意識する必要はあります。

この問題にかけられる時間は〇分くらいだな…と考えながら解きましょう。

ちなみに、僕が使っていた過去問はこちらです。

短期合格を狙う際にやった方が良いこと、やらなくて良いこと

やった方が良いこと

  • スキマ時間を有効に使う
  • とにかく問題を解く
  • 過去問を1回解く

順番に見ていきましょう!

隙間時間を有効に使おう!

ねこ
ねこ
隙間時間ってなに?
さかな
さかな
電車の移動時間とか会社のお昼休憩、お風呂が沸く前の10分のような、行動と行動の隙間の時間のこと

ではなぜ短期合格を狙う際、隙間時間が大切なのでしょうか。

それは人間の脳が「覚えようとしている時」よりも「思い出そうとしている時」の方が記憶の線が太くなるからです。

1度勉強して覚えたら、忘れそうな頃にすぐにテキストを見るのではなく「勉強したことを思い出しながら自分の頭の中で整理してみる」と良いでしょう。

限界まで思い出してからテキストを見ると、自分が思い出せなかったところがハッキリするので、そこを再度復習します。

短期合格を狙うにはこの作業を繰り返し行うのがとても有効です。

1度覚えたことは忘れたころに頭の中で思い出し作業をしましょう。短期間での記憶定着に役立ちます。

勉強する→忘れそう→思い出し→テキストでチェック

この流れを1日の中で細かく行うことによって短期間で記憶の定着を図るのです。

まとまった3時間よりも朝1時間、昼1時間、夜1時間の方が記憶は定着します。

隙間時間を有効に活用していきましょう!

とにかく問題を解こう!

これはインプットにこだわり過ぎないということです。

簿記はインプットよりもアウトプットが大事な試験です。

完璧を目指し過ぎていつまでも次の項目にいけないようでは勉強は中々先に進みません。

ある程度テキストを読んだら積極的に問題を解いてください。

テキストといくらにらめっこしても理解できなかったことが、問題を解いているうちに理解できるようになるのは簿記あるあるです。

過去問を1回は解こう!

過去問の話は上でした通りですが、たまに「時間がないから過去問やる時間がなかった!」という人がいます。

これは絶対ダメです。ほぼ確実に落ちます。

まとまった時間が取れないならば1回の試験を細かく分けても良いので、過去問には必ず触れるようにしましょう。

毎年こんな問題が出てるよ!という情報を無視して試験を受けるくらい時間がないのであれば、1回受験を見送り、次回の試験を受験しましょう。

簿記2級は幸い年に3回も試験がありますので。

やらなくて良いこと

  • 理解にこだわり過ぎる
  • 過去問を何周もする
  • 満遍なく勉強する

もちろん時間に余裕があれば、理解にこだわって欲しいし、過去問も2~3週はしたいところです。論点に強弱をつけず、満遍なく勉強して欲しいです。

しかし超短期間で合格したい場合、これらは削る必要があります。

本質的に理解していなくても、作業的に「こうきたらこう!」といった力業で解答できてしまう論点が特に工業簿記は多いです。

完璧を求めすぎないことも意識しましょう。

通信講座で簿記2級を勉強するとしたら

さて、ここまで読んで頂いて、中には

  • 運に任せるのは嫌だな…
  • 独学は不安…
  • 年3回あるし、1回見送ってじっくり勉強したい

という人も出てきたのではないでしょうか。

正直、そちらをオススメします。

ねこ
ねこ
えええ、散々短期合格について語って来たのに!?
さかな
さかな
ちゃんと時間を取って勉強するに越したことはないよ

どうせ受けるならバッチリ対策して、しっかり理解してから試験に望んだ方が良いです。

しかし、独学でも十分に合格可能な簿記検定で、あまり高価な講座を受講するのはオススメしません。

≫こちらの記事でオススメの講座を3つ紹介しています。

【簿記2級】おすすめ通信講座をタイプ別に3つご紹介!安さ、実績、コスパで選ぶ!日商簿記検定2級のおすすめ通信講座を3つ、ご紹介します。「安価な講座を選びたい!」「信用できる講座が良い」「コストパフォーマンスの高い講座が良い」など、講座を選ぶ際に大切にする基準は人それぞれです。 あなたに合った講座が見つかるように、パターン別でオススメを紹介していきます!...

価格の安い講座、安心と信頼の講座、コスパが良い講座の3つです。

簿記3級は受けた方が良いのか

「簿記3級って受けた方が良いの?」

この質問を頂くことが最近すごく多いです。

僕の主観ですが、3級を目指してるなら受けた方が良いし、2級以上を目指してるなら受ける必要はないと思います。

上でもチラッと書きましたが、3級の細かい論点は2級では出題されません。

だから勉強しなくて良い!というわけではなく、試験を受けるためにガチガチで覚える必要がないということです。

2級を目指している人は3級のテキストで「こういう論点があって、簿記とはこういうものなんだ!」という理解をし終えたら、2級の勉強に取り掛かって構いません。

もちろん時間に余裕のある方は、じっくり3級から基礎固めしていくのもアリだと思います。

ねこ
ねこ
時間はあっても、そう言われると悩むなあ…
さかな
さかな
自分の目的とそれに費やせる時間から逆算して決めよう

簿記3級について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【日商簿記3級】試験内容や勉強方法を解説!合格率の推移もチェック!簿記3級ってどんな試験?勉強を始める前の簿記3級に関する疑問をこのページで全て解決します!試験の内容や勉強方法、合格レベルに達するまでの平均勉強時間や合格率の推移、独学か学校等で通信講座を受講した方が良いのか。現役の経理部長が実体験を元に解説します!...

まとめ

前半はどうしても短期間で合格したい人に向けて書きました。

後半は気が変わった人向けに書きました。

僕は前半の人間ですが、やはり後半をオススメします

短期間で合格しても、簿記がいまいちわかっていない状態なので、仕事で苦労しました。

結局、勉強し直しました(笑)

自分が今置かれている状況や簿記取得の目的などを見つめ返して、じっくり選択してください。

【簿記2級】おすすめ通信講座をタイプ別に3つご紹介!安さ、実績、コスパで選ぶ!日商簿記検定2級のおすすめ通信講座を3つ、ご紹介します。「安価な講座を選びたい!」「信用できる講座が良い」「コストパフォーマンスの高い講座が良い」など、講座を選ぶ際に大切にする基準は人それぞれです。 あなたに合った講座が見つかるように、パターン別でオススメを紹介していきます!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

簿記2級通信講座をタイプ別にご紹介!
オススメ3選